2014年12月27日

NHKスペシャル_メルトダウンFile.5「知られざる大量放出」20141221

独自の取材と科学的検証を重ね、福島第一原発の事故の真相に迫り続けてきたシリーズ「メルトダウン」。今回は、事故から4年近くたって浮かび上がった「知られざる大量放出」に迫る。いわゆる「吉田調書」などで知られる公的な事故調査は、事故から最初の4日間を対象としてきた。しかし、新たに入手したアメリカ軍の放射線量のデータなどを解析すると、これまでの「常識」を覆す放出と汚染の実態が分かってきた…。

主な内容

東京電力福島第一原子力発電所の事故において、放射性物質の大半は、事故発生から最初の4日間で放出されたと考えられてきた。
ところがそれは全体の25%であった。その後の2週間でほぼ75%が放出されていた。

その原因はベントである。
ベントにおける放射性物質を除去する方法は高温のため働かなかった。放出するまでの配管に水を排出する構造がなかった。

消防車での冷却水のの送出量毎時約30tに対し、反応炉には1tしか届かなかった。
この少量の水で逆に炉心溶融が進んだ。

このような状態になることは、現場のだれも想定しなかった。

燃料プールの水面が空撮ににより少し見えたため、現場は電源回復の作業に入ろうとした。
しかし、アメリカのプールの空焚きを懸念し放水するべしとした。この意向は官邸、本社経由で現場につたえられ、放水中は電源復旧工事ができない。

動画
posted by Marché naturel at 18:02| Comment(0) | 原子力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする